あきぶどうのリットリンク

「おひとりさま日和」(双葉社の本:大崎梢他)感想・レビュー

「おひとりさま日和」の感想・レビューのアイキャッチイラスト

「おひとりさま日和」は、6人の著者からなる短編小説集です。

「おひとりさま」という言葉のブームがありましたね。

それから、すっかり定着した言葉のように思えます。

短編小説は、あまり読まないのですが、とても楽しく読めました。

この本の感想・レビューをお伝えします。

文字のみなので、画面が白黒の端末で読むのがおすすめ

\Amazon Prime Day先行セール!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
あきぶどう

おひとりさまも悪くないな~と思わせる一冊!

「おひとりさま日和」感想・レビュー

ひとりの女性の写真

「おひとりさま日和」の感想・レビューは、

  • 短編小説なので読みやすい
  • 「おひとりさま」でなくても理解できる
  • 今の自分でも大丈夫かもしれない
  • 日常は「小さな幸せとかなえられそうな目標」の連続
  • 自分の行き先を見つけられるかもしれない一冊

では、1つずつ説明していきますね。

短編小説なので読みやすい

最初に説明しましたが、6人の著者が、1話ずつ物語を描いた短編小説集です。

長編小説となると、読むのがおっくうになってしまいます。

しかし、この本は短い話しかありません。

スラスラと読み進めることができます。

まとまった時間が取りにくい大人でも、読みやすい一冊です。

読書している女の人のイラスト

短い小説ばかりなので、少しずつ読み進めることができます。主婦や働く女性も安心です。

本を読む時間がないから読書はしない、が長い間続いて、すっかりご無沙汰・・・な女性のリハビリ本に最適です。

もちろん、男性のリハビリ本としても最適です。

「おひとりさま」でなくても理解できる

「おひとりさま」な方も、そうでない方も共感できる部分が、たくさんあります。

おひとりさまじゃないからピンと来ないかな、ということはありません。

今はそうでなくても、この先ずっとおひとりさまでないとは限りませんし・・・。

脅かすつもりではありません。

家族と一緒に生活していても、ひとりで行動することが、全くない人はいないでしょう。

生まれてから死ぬまで、たったひとりきりな人もいなければ、ひとりになったことが一度もない人もいないはず。

世間で言われるおひとりさまの状態でなくても、理解できる部分が、たくさんある本です。

買い物帰りの女の人のイラスト

「おひとりさま」でなくても、一人で行動する時が、全くない人はいません。買い物ぐらい、おひとりで行くことはありますよね。

どんな人でも、肩の力が少し抜けるような小説たちです。

今の自分でも大丈夫かもしれない

6人の著者の短編小説集ですが、共通点があります。

  • ひとり暮らしの女性が主人公
  • 年齢は40代以上(?)だけどバラバラ
  • 既婚・未婚・死別はバラバラ

それぞれの環境や境遇が違います。

でも、ひとり暮らしの女性という点は共通しています。

主人公は、決して成功者ではない、ごく普通の女性たちばかり。

共感できる部分は多いはずです。

ごく普通の女性の、ごく普通の物語であり「今の自分でも大丈夫かな」と思わせる一冊です。

成功者のサクセスストーリーは、「私には、無理無理」と感じて、気後れしてしまいます。

そういう人は、全く登場しません。

身の回りにいそうな登場人物は、感情移入がしやすいです。

読み終わった後に、ほっとできます。

喜んでいる女の人のイラスト

成功者の話には、共感を持ちにくいもの。この本の女性は、「私かな」と思う人ばかりが登場します。

共感できる小説は、いくつになっても安心感があります。

日常は「小さな幸せとかなえられそうな目標」の連続

小説の女性たちを読み続けて思ったことは、「日常生活とは、小さな幸せとかなえられそうな目標」の連続なのかな、ということ。

家族やご近所さん、ペット、恋人、昔の教え子の母親など・・・主人公と身の回りの人との微妙な変化の小説たちです。

歳を重ねると、それなりの自分軸を持っています。

でも、身の回りの人との関わりで、幸せや目標は、少しずつ変化をしていくものではないのかな、とも思えます。

自分でも気がつかないくらいの小さな変化をし続けることで、数年後には、少し違う幸福感や目標になっているかもしれないな、それはきっと、毎日の積み重ねなのかな、と感じました。

おしゃべりをしている女の人のイラスト

自分でも気がつかないくらいの速度で、幸福感や目標が変わっていく・・・それも人なのかな、と感じました。

自分が変化していくのは、悪いことではありません。

人の意見に流されまくるのは困りものですが、自分軸の少しの変化は、大歓迎です。

自分の行き先を見つけられるかもしれない一冊

  • 今の自分でも大丈夫かもしれない
  • 日常生活は、小さな幸せとかなえられそうな目標の連続

これが積み重なると、自分のこれからを見つけるきっかけになるかもしれません。

しっかりと今を見つめつつ、日常生活を送っていると、少し先の未来が見えてくるような気がします。

子供の頃とは違い「自分の時間を増やして◯◯を始めよう」や「家族との時間を増やすために◯◯の時間を少なくしよう」とか、もっと具体的になっているかもしれません。

もしかしたら、子供の頃のように、「10年後に◯◯になる」かもしれません。

将来の考え方も、これまでの歩みで変わってきます。

一言で「将来」と言いますが、毎日の積み重ねが将来につながります。

毎日をそれなりにちゃんと生きていれば、数年先の未来も、きっと大丈夫。

大丈夫が続くと、遠い先の未来も大丈夫になります。

空想をしている女の人のイラスト

毎日の積み重ねが将来につながります。毎日が大丈夫なら、将来もきっと大丈夫です。

 大人になると、毎日をこなすだけで精一杯になりがちですね。

でも、少し先の将来を見つめながら、生活していくこともよいかもしれません。

そんなことを思いながら、気がついたら、全部読み終わっていました。

あきぶどう

安心感があり、肩の力が抜けて共感できる部分が、たくさんある小説です。

\Amazon Prime Day先行セール!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

【おまけ】いとうあさこさんのエッセイ「あぁ、だから一人はいやなんだ。」についても載せています。にぎやかおひとりさまエッセイです。

いとうあさこの本のレビューのアイキャッチイラスト

にほんブログ村 にほんブログ村へ