あきぶどうのリットリンク

電子書籍にするべきか?専用端末は必要?いらない?選び方はコレです!

電子書籍にするべき?のアイキャッチ写真

本を読むなら、電子書籍がいいのでしょうか。

電子書籍で読書をするなら、何を使って、本を読むのがよいのでしょうか。

専用端末が必要なのでしょうか。

初めて使うなら、よくわかりません。

「スマホのサイズでは小さいの?」「電子書籍リーダーとは何?」「タブレットとは?」などなど・・・何を選べばよいか、わかりにくいですよね。

そろそろ電子書籍にするべきかな、何で読もうかな・・・と悩んでいるあなたに、選び方をお伝えします。

ゆる顔女子

電子書籍って、絶対に使うべきなの?

あきぶどう

絶対ではないけど、メリットは多いよ。

電子書籍にするべき?

選んでいる写真

このブログは、電子書籍推しです。

ですが、必ずしも電子書籍にしなければならないことはありません。

メリットを感じる人だけが、使えばいいと思います。

最近は、めっきり少なくなってしまいましたが、本屋さんで本を買うのもよいですよね。

読みたい本を、リアル書店で見つけるのは、楽しいです。

本屋のメリットのアイキャッチ写真

気になる本を、本屋で見つけたけど、どんなことが書かれているのだろう、と気になった時は、本の要約サイトで確認することができます。

買ってから、失敗をすることがありません。

本の要約「Summary ONLINE(サマリーオンライン)」のアイキャッチ写真

選び方がわからない方には、本の選書サービスがあります。

雨音選書のアイキャッチ写真

本屋で買うと、ほしい本が売り切れてしまっているかもしれません。

しかし、ネットで取り寄せができるサービスもあります。

「Honya Club」は、事前にネット予約をしておくと、指定した本屋に届けてくれる予約サイトです。

本屋でなくても、自宅配送もできます。

読む雑誌が決まっているなら、定期購読で配達をしてくれるサービスもあります。

Fijisanの紹介のアイキャッチ写真

やっぱり紙の本がいいよね、と思う方は、無理に電子書籍にする必要はありません。

もしくは、電子書籍と紙の本を使い分けする方法も、アリですね。

電子書籍と紙の本の使い分けのアイキャッチ写真
ゆる顔女子

電子書籍は、使いたい人だけが使えばいいんだね。

あきぶどう

そうそう。書店で本を選ぶって、楽しいよね。

ところで、「電子書籍は安い」とよく聞きますね。

本当に安いのでしょうか。

電子書籍はお得?

迷っている写真

はい!

ほとんどの本は、電子書籍は、紙の本よりお得に買えます。

両者が同じ価格の本もありますが、ほとんどは、電子書籍の方が安いです。

ゆる顔女子

電子書籍は安いんだ~。

あきぶどう

専用端末を買っても、元が取れるくらい安いよ。

電子書籍を読む端末は必要ないけど、パソコンならある、という方は、パソコンで読むこともできます。

説明していきますね。

パソコンで電子書籍は読みにくい?

選んでいる写真

電子書籍は、パソコンで読む方法もあります。

ブラウザ経由で読むタイプが、ほとんどです。

読みにくくはないのですが、ネット閲覧が必須です。

Wi-Fiなしでは、つらいです。

少ないですが、WindowsやMAC対応のアプリが使える電子書籍もあります。

アプリを使うと、ダウンロードができるので、読みやすいです。

電子書籍をパソコンで読む方法のアイキャッチ写真
ゆる顔女子

パソコンでも、読めるんだね。

あきぶどう

少ないけど、アプリが使える電子書籍もあるよ。

電子書籍への乗り換えは、いつでもできます。

乗り換えたい!と思った時に、実行してください。

やっぱり電子書籍にしよう!という方に、選び方を説明していきます。

電子書籍は何がいい?

選んでいる写真

電子書籍を読む専用端末の種類は、電子書籍リーダーかタブレットです。

もちろん、スマホで読むこともできます。

しかし、画面が小さくて読みにくいですし、目に悪いです。

できれば、大画面の専用端末をおすすめします。

では、実際に選んでいきましょう。

わかりづらいので、図にしました。

ここからは、この図に沿って、説明していきます。

まずは、電子書籍リーダーかタブレットか、どっちにするかを決めます。

両者でできることは、次の通りです。

  • 電子書籍リーダー
    読書専用端末
    1つの電子書籍アプリしか使えない     
  • タブレット
    読書以外も色々できる汎用デバイス
    複数の電子書籍アプリが使える
電子書籍リーダーとタブレットの違いのアイキャッチ写真

電子書籍リーダーとタブレット、形は似ていますが、用途は全く違います。

電子書籍リーダーは読書のためだけに作られた専用端末です。

1つの電子書籍アプリしか使えません。

タブレットは、読書だけでなく、色々なことができます。

複数の電子書籍アプリを併用することもできます。

まず、電子書籍リーダーから説明していきますね。

電子書籍リーダーにする場合

タブレットにする場合はここをクリック

電子書籍リーダーは、本を読むために配慮されています。

読書におすすめです。

しかし、それしかできない特性上、本当に必要か見極めてから、買うようにしてください。

セールを狙っても、10,000円前後もする端末です。

買ってから後悔しないようにしましょう。

電子書籍リーダーが必要な人のアイキャッチ写真

では、どこの製品にするかを決めましょう。

  • Amazonの「Amazon Kindle」
  • 楽天の「楽天Kobo」

有名どころは、この2つ。聞いたことがある方も多いでしょう。

KindleとKoboの比較のアイキャッチ写真

Amazon Kindleにするなら、モデルを決めましょう。

Kindle端末おすすめのアイキャッチ写真

AmazonデバイスのKindle端末は、セールで大幅値引きのチャンスが数多くあります。

急ぎでなければ、セールで買うのがおすすめです。

プライムデー先行セールのアイキャッチ写真

Amazon Kindleについては、別にくわしくまとめています。

Amazon Kindleとはのアイキャッチ写真

楽天Koboにするなら、モデルを決めましょう。

Koboのおすすめのアイキャッチ写真

Amazonか楽天か、よく使う方で決めてもよいです。

ただし、Amazon Kindleの方が、配信冊数やサービスが充実しています。

ゆる顔女子

Amazonか楽天かの選択だね。

あきぶどう

迷ったらAmazonにしておく方が無難。サービスが充実してるよ。

次は、タブレットについて、説明していきますね。

タブレットにする場合

タブレットにしたい方は、OSを決めます。

  • Androidタブレット
    いろんなメーカーが出していて、安価で買えるモデル多め
  • iPad
    高価だが、品質は間違いなし
  • Fireタブレット
    Amazonデバイス。安価だけどクセあり。

本を読む専用にするなら、高価なモデルは不要です。

  • Androidの価格が安いモデル
  • Fireタブレット

で十分です。

他にも使う目的があるのであれば、高価なモデルも検討してください。

次に、Wi-FiモデルかCellularモデルか決めます。

  • Wi-Fi対応モデル・・・Wi-Fiに繋いでダウンロードする。
    安い。
  • Cellularモデル・・・自分でインターネットに繋がる。
    高い。

Wi-Fiモデルのみのタブレットも多いです。

ご自宅でWi-Fiが繋がるなら、Wi-Fiモデルでいいと思います。

本は、事前に自宅でダウンロードしておけば、不便を感じません。

そして、電子書籍を読むために使うのであれば、画面サイズは重要です。

読書用タブレットおすすめのアイキャッチ写真

マニアックですが、AmazonデバイスのFireタブレットという選択もあります。

セールを狙うと、大幅値引きのチャンスがあります。

Fireタブレットおすすめのアイキャッチ写真

タブレットを使うと、自治体によっては、電子図書館も利用できるかもしれません。

コロナ禍以降、力を入れる自治体が増えているようです。

お住まいの自治体へ確認してみてください。

雑誌もタブレットで読めます。

dマガジンと楽天マガジン比較のアイキャッチ写真

「honto」は、KindleやKoboより安いキャンペーンやクーポンが多いです。

honto紹介のアイキャッチ写真
Kindleとhontoおすすめはどっちかアイキャッチ写真

 Amazonや楽天のように電子書籍はありませんが、ヤフーショッピングでも、電子書籍本を買うことができます。

ebookjapanの紹介のアイキャッチ写真

動画配信の「U-NEXT」では、電子書籍も扱っています。

1冊ずつ買うこともできますし、雑誌読み放題もあります。

登録している方にはおすすめです。

U-NEXT電子書籍紹介のアイキャッチ写真
ゆる顔女子

電子書籍リーダーは本を読む専用。タブレットは使い方がたくさんある。

あきぶどう

読む本のジャンルや種類によって、どっちがいいかが分かれるよ。

タブレットは、電子書籍以外にも、絵を描く、動画視聴をしたり、レシピアプリを使ったり・・・たくさんのことができます。

最初は、本を読むだけの目的でも、用途が増えるかもしれません。

電子書籍だけなら、高価なモデルは不要ですが、他の使い方をするかもしれないことも考えておきましょう。

電子書籍の管理アプリ

選んでいる写真

電子書籍は、買った本が本棚に並びません。

そのため、買った本がわからなくなってしまうことがあります。

タブレットで複数の電子書籍アプリを使っていると、非常にわかりにくいです。

そこで、管理アプリを使うと、買った本を確認できます。

「ブクログ」というアプリで管理できます。

過去に呼んだ本を登録しておくことで、本棚のように管理ができます。

ブクログトップページのアイキャッチ写真
ゆる顔女子

買った本がわからなくなるのは、つらい・・・。

あきぶどう

ブクログは、アプリ内で、自分の本棚が作れるよ。

まとめ

選んでいる写真
電子書籍にするべきか?

絶対にする必要はないが、メリットは多い

電子書籍は何で読む?
  • スマホやパソコンで読める
  • 電子書籍リーダーかタブレットが読みやすい

 選び方は、下図の通りです。

電子書籍リーダーかタブレットか相関図

紙の本でいい方は、電子書籍へ移行する必要はありません。

電子書籍はスマホで十分、な方は、無理に専用端末を買う必要はありません。

パソコンで読めるから不要、な方もいらないです。

電子書籍リーダーは読書専用端末です。

タブレットは読書以外にたくさんのことができます。

両者とも、長持ちさせれば、紙の本よりコスパがよくなります。

電子書籍リーダーかタブレットを長年使って、コスパよい読書生活を送ってみてください。

にほんブログ村 にほんブログ村へ